売れてる洗顔料ランキング

洗顔料の形態はいろいろありますが、あなたはどのタイプが好みでしょうか?

チューブを泡立てて使用する洗顔フォーム、石鹸タイプの洗顔ソープ、パウダーを泡立てて使用する洗顔パウダー、クリームをなじませて洗う洗顔クリーム、ブラシで顔を洗う洗顔ブラシなど、好みや肌質によって選ぶことができます。

最近では、洗顔石鹸を泡立てネットを使ってたっぷりの泡を作り、洗顔をするのが人気で、通販コスメで話題の洗顔石鹸を購入すると、泡立てネットがおまけで付くことが多いようです。細かい泡で毛穴汚れや角栓汚れをとり、美肌や美白も叶え、ダブル洗顔なしでクレンジングとしても使用できる優秀な洗顔石鹸もあります。

そのほかにも、長年多くの方が愛用しているパパウォッシュのような酵素洗顔料や、にきびケアや毛穴ケアに効果抜群のビーグレンのクレイ洗顔料、肌の角質を落とすスクラブ洗顔料など人気の洗顔料はたくさんあります。

敏感肌や乾燥肌、にきび肌などの肌質別や、しっとりやさっぱりの使い心地別にクチコミのランキングでおすすめコスメを簡単に探すことができます。

洗顔料の種類と正しい選び方

■洗顔料の種類とは?

 

洗顔料の種類はたくさんあり、分類の仕方によって様々な種類に分けられます。
例えば、洗顔料を形状で分けるのであれば、「フォームタイム」や「ジェルタイプ」「泡タイプ」「固形タイプ」の4種類に分けることができます。
「フォームタイプ」は、チューブに入っているものがほとんどで、必要量をしっかり泡立てて使います。
スクラブ入りのものがありますが、肌が弱い人が使うと、肌トラブルを起こしやすいです。
「ジェルタイプ」の洗顔料は、水分が多く泡立てやすいのが特徴です。
トロっとしたテクスチャーで、つかやすいですが、洗浄力が強いものが高いものが多いので、敏感肌のような肌の弱い人は注意が必要です。
「泡タイプ」の洗顔料は、ポンプ式の容器に入っており、泡の状態で出てくるため、泡立てる必要がありません。
押すだけできめ細かい泡が出てくるので、肌の負担が小さいという特徴があります。
「固形タイプ」の洗顔料は、石鹸タイプと言った方がわかりやすいですね。
固形タイプなので、泡立てに時間がかかることが多いですが、肌に刺激となる成分が入っていないものが多く、安心して使えるという特徴があります。
その他にも、パウダータイプやピーリングタイプの洗顔料もあります。
また、その他にも洗顔料の種類は、さっぱり系かしっとり系、弱酸性か弱アルカリ性などに分けることができます。

 

 

■洗顔料の正しい選び方

 

洗顔料の正しい選び方は、肌質に合ったものを選ぶことです。
洗顔料の種類は色々ありますが、種類によって合う肌質というのがある程度決まってるものもあれば、同じ種類の洗顔料でも、配合成分が違うものもたくさんあります。
例えば、「フォームタイプ」の洗顔料には、敏感肌用のものもあれば、オイリー肌用のものもあり、あらゆる肌質に対応したものがそれぞれあるので、「フォームタイプ」というだけでは、肌に合う合わないを決めることはできません。
そんな場合は、配合成分に注意して選ぶと良いと思います。
添加物が入っている洗顔料は、どんな肌質の方であっても避けた方が良いのですが、特に肌の弱い人は選ばない方が良いでしょう。
「ジェルタイプ」の洗顔料は、洗浄力が強く、洗い上がりがさっぱりするものが多いので、オイリー肌の人に向いていますし、「泡タイプ」の洗顔料は、肌に優しい洗い心地ですので、敏感肌の人や乾燥肌の人などでも安心して使うことができます。
また、「固形タイプ」の洗顔料は、天然成分が入ったものや、天然成分を主原料とし、天然の保湿成分や美容成分を含んでいるものが多く、敏感肌や乾燥肌の人にオススメです。
このタイプの洗顔料は、種類が豊富ですので、自分の肌質に合ったものを見つけやすいです。
洗顔料を価格やテクスチャーなどで選んでしまうと、自分の肌質に合わないものを選んでしまいがちなので、配合成分や洗浄力、口コミ評判などを参考に選んだほうが良いと思います。

スキンケア関連おすすめ情報

保湿したいあなたには、化粧水 通販 ランキングがおすすめですよ 目的別の洗顔料 通販 ランキングなら、ニキビケアや美白におすすめの洗顔料が分かりますね
まつ毛美容液や目元美容液などの売れ筋は、美容液 ランキングでチェックしよう!
保湿目的のクレンジングなら、クレンジング 通販 ランキングで掲載されています
シミやシワにきく美容液は、美容液 通販 ランキングで探しましょう
石鹸やフォームなどタイプ別におすすめの洗顔料をランキングしています。
洗顔フォーム、洗顔石鹸、洗顔パウダー、泡洗顔のタイプ別に洗顔料をご紹介しています。

このページのトップに戻る